2006年08月24日

NHK教育「知るを楽しむ」に出ていた中村哲先生

「アフガニスタン・命の水を求めて − ある日本人医師の苦闘」
第1回〜第4回
第5回〜第8回
この番組のことは「ペシャワール会」の会報で知っていた。
見たいと思いつつも、時間が合わなかったり、忘れていたりで
本放映は見ることができなかった。
今日ようやく、第8回(最終回)の再放送を見ることができた。

正直、ペシャワール会の活動は会報で知っているから
TVは見なくてもいいかなと思っていたのだが
やっぱり映像ってのは、文章で語るよりずっと
はっきり認識させてしまう迫力がある。

滔々と流れるクナール川から引かれた用水路は満々と水を湛え
アフガニスタンの一つの村を潤し、大地を緑に変えていた。
水辺に生い茂る雑草も、用水路に群れて泳ぐ小さな魚も
思う存分水を飲む牛たちも、はしゃいで水浴びする子供たちも
そこに自然と生活が戻ってきたことを如実に物語っていた。

水音を立てて流れる用水路を背にして
あるいは日本の若者たちを前にして
中村先生はいつものように訥々と誠実に、語っていた。
何の気負いもてらいもない。
わかりやすくかみ砕かれた言葉が、すっと素直に心に入ってくる。
「進路に迷っても先のことはわからない。好きなことを追求しなさい」
「大事なことは相手の立場に立って考えること」
「たとえ、人を殺した人でも真心は信じられる」

よく考えてみれば言っていることは当たり前のことなのに
なぜ、私たちはその当たり前のことを見失っているのだろう。

最後に、用水路の成果が見せられた。
映像は正直なのだ。
何もなかった大地に麦が実り、黄金色に染まっていた。
なぜか涙が出て止まらなかった。
私はバカみたいに一人テレビの前に座って声をあげて泣いていた。
喜びの涙か哀しみの涙か考えてみたけど、よくわからなかった。
ただ、涙が出てきて止まらなかった。

憧れ続けたアフガニスタンの大地に
私自身が立つことはもうできないだろうと思う。
でも、中村先生が、
中村先生の下で働くたくましいボランティアの若者たちが
私の願いをかなえてくれるだろう。
願いを託すところがある。
今もまだある。
それだけでも幸せだとつくづく思う。
posted by きんと at 17:07| Comment(0) | TrackBack(1) | TV・ラジオ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月20日

「世界バスケ」日本vsドイツ戦見ました

ちょうど実家へ行ってた時で、居間のテレビは親父さまが高校野球観戦中、
母のテレビで第2クォータから第3クォータまで見た。
五十嵐クンは途中から出てきて、母に「あの人かっこいいでしょ」と言ったら、
「女の子かと思った」だって。
確かに、ムクツケキ大男たちの中にいると、可憐な少女のようですな。
あれでも身長180cmはあるのに、、、バスケの世界って異常だ!

それにしても、実況は奇跡、奇跡、って叫ばなくてもいいですから!
そりゃ、勝てたら奇跡でしょうけど、
そんなものは望んで得られるものじゃありませんて。
もっと冷静に、分析をお願いしますよ。

追記:
今日の対アンゴラ戦はもっと差が付いて負けてたね。
どうやら五十嵐クンがディフェンスの穴として狙われていたらしい。
小柄な(日本人の身長としては決して小柄じゃありませんから!)彼が
2mクラスのデカ男に吹っ飛ばされるたびに
「キャー、ヤメテ〜!」と叫びたくなるんですけど(^o^;
ああ、今になって「ルカワ親衛隊」の気持ちがわかるなんて。。。
いやはや、バスケットをそんな色眼鏡で見ちゃいけませんよね。
ハイ、おばはんは引っ込みます。m(_ _)m

追記2:
サッカーの方では、双子双子とお熱を上げているワタクシですが
バスケ日本代表にも双子ちゃんがいたんですね〜。
身長205cmのデカデカ双子、竹内ツインズ。
家の中にそんなに大きい双子がいたら、もの凄く威圧感を感じそう。。。

残念ながら「萌え」は感じません。
大きいから?
いえいえ単純に、愛着わくほどよく知らないってことだと思います(^^ゞ
posted by きんと at 17:51| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月17日

ルカワがいる!

サッカーに夢中なので今は「サッカー、見てる?」の方ばかり
記事を書いているけど、久しぶりに別スポーツの話題です。

というのも、オシムの追っかけ(TVでですけど)をしていて
スポーツニュースのハシゴをしている合間に
たまたまチラリと見た「世界バスケ」の番宣番組。
そこで「ルカワ」を見てしまったからなのです。

それまで、バスケの選手なんて田臥勇太しか知らなかったものだから(^^;
そのルックスがもの凄く良い選手に目が釘付け。
「うわ〜、ルカワっぽい。キツネ目じゃないけど。。。」
そして、素早いドリブルで相手を抜き去り、
あっという間にシュートを決めた映像を見せられて
「ますます、ルカワっぽい!コノヒトダレ?」
と、興味津々。
その後、新聞で彼=五十嵐 圭のことを知りました。
ポジションはPGなので
ポジションから言えば彼は「リョータ」なのですね〜。
すんません、バスケは『スラムダンク』しか知らんのです(^_^;;;

ウィキペディアで更に調べてみたら、あら中大出身、後輩じゃないですか。
なんか、ますます興味が湧いてきました。
というか、既にイケメンというだけで、
もう「世界バスケ」見ちゃおうかなと思っているワタクシ(^o^;
節操がないおばさんですわ。

10年前くらいまでは、イケメンスポーツ選手にキャーキャー言う
性癖なんてまるで持ってなかったんだけどなー。
やはり、トシを取ると、女性ホルモンを何とか補おうと
身体が反応してしまうようです(-_-;
posted by きんと at 16:54| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月11日

ブライトさん!

ガンダムのブライトさん役、鈴置洋孝さんが亡くなられたことを
穂高さんのブログで知った。

私もショック。
そんなトシじゃないでしょ、と思ったもの。
56歳、肺ガン。
やっぱり早すぎるよ。

マ・クベ大佐役の塩沢兼人さんが亡くなったときも
ショックだったんだよね。

ガンダム世代なだけに
ガンダムの声優さんが逝ってしまわれるのは
なんだかとてもツライ。
あれからもう二十数年も経ってるんだから
無理もないんだけど。

あの「ガンダム」というアニメの輝きが
今でも失われていないことだけが
過ぎゆく時間をつなぎ止めている。

ご冥福をお祈りいたします。
posted by きんと at 23:48| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月31日

京ポン2を手に入れた

ウィルコムのPHS 京セラWX310K 通称京ぽん2を手に入れました。

契約者向けの在庫一斉セールみたいなやつで安かったので。
W-ZERO3 の新しいのも出たし、
京ぽんもそろそろモデルチェンジなのかも。

オペラ搭載でインターネットもフルブラウザで見れちゃいます。
でも、やっぱ接続には時間がかかるなー。
結局ケイタイモードしか使ってなかったりして。
まー、これで、電車に乗ってるときでも
ネット小説がそのまま読めるし、ブログの投稿もできるんだね〜。
便利便利。
posted by きんと at 19:16| Comment(0) | TrackBack(0) | モノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月26日

今期のアニメ評

すっかり忘れていた。
というか、私は今、サッカーに夢中。
ヨン様に血道を上げるオバサマのごとく、
サッカーのことばかり考えているので、アニメはどうでもよくなっている。。。

というわけで、今期のアニメ評はちょっとだけ。

「N・H・Kにようこそ!」
人気小説のアニメ化ですね。
京都アニメーションお得意の?キレの良いギャグでなんとなく見続けてしまう。

「ゼロの使い魔」
主人公がシャナちゃんと同じ声なので(釘宮理恵)
とかくシャナと比較しちゃうけど、シャナの方がぜんぜん良かった。

「僕らがいた」
ハチクロ系?
少女漫画的なリリックな情景は好感が持てるけど
なぜかハチクロのようには萌えない。
リアルすぎるから、かなあ。

「ハチミツとクローバーU」
相変わらずグダグダやってますな〜。
でもなぜか好感が持てるから不思議。
とことん情けない奴らの情けなさを上手く見せてるんだと思う。
posted by きんと at 23:06| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月22日

タラソテラピーに行ってきました

〈「セラピストの独り言」と共通ネタです。〉

もう、最近サッカーネタブログばかりにかまけてますが。。。
まだしばらく脳みそはサッカーのことばかり考えていそうです。
そうこうしている間に、実は旅行に行ってきました。
報告がまだだった。

今週の月火と房総へ行ってきました。
目的はタラソテラピーを受けること。
勝浦にあるテルムマラン・パシフィークという施設です。
前から興味はあったけど、ウチに来たお客様に
「すごくいいよ〜」と勧められたので、行く気になったのです。
それにオットのアトピー湿疹に海水が効くみたいなので
オットも引きずって連れていきました。

内容は
・温海水プールで歩行浴&ジェットバス
・温海水プールでジェットを背中に受けつつ腕肩の運動をするプログラム
・海水を含んだ霧で満たした暗室での休息
・海藻パック
これをゆっくりと休憩を取りながら、受けていきます。

温海水プールは気持ちよかった〜。
普通のプールより浮力があるせいかもしれません。
ジェットの種類もいろいろあって、各種凝りに対応できます。
運動プログラムも30分だけなのに、結構疲れる。
途中、冷海水で歩行浴して、交互浴するようになってます。
血流が良くなって、足がポカポカするのです。
暗室は思ったほどよくなかったな〜。
ブルーライトが気になって寝られませんでした。
海藻パックは身体に海藻を含んだ泥を塗りたくってラップされます。
温熱効果があって、ポカポカしてきます。
でも汗が出るほどじゃなかったな。肌はツルツルになったけど。

館内では水着の上にバスローブ。
これでレストランで食事もできます。
各自、案内図と予定表に従ってプログラムを受けたり、休んだり
プールに行ったり、サウナに入ったり、自由に行動します。
リラクセーションルームはデッキチェアがあってゆっくり寝られるし
プログラムのアナウンスなんてないので、とても静か。

その静かなゆったり感がリッチ〜な感じでした。
タラソってもちろん1日じゃ、身体への影響なんてあまり感じられなくて
本当は何日もかけて受けたり、何回も通ったりするものだけど
忙しい日常を離れて、こんなゆったりリラックスした時間を持つ
という意味で、価値があるんじゃないか、と思いました。

私たちのコースは御宿のプチホテルの一泊付きパックコースで
このプチホテルも海岸の真ん前でステキだったんだけど
あいにく2日間とも雨。
海の景色が楽しめなかったのは残念だったな〜。


テルムマラン・パシフィーク


8/24横浜にもオープンするそうです。
もっと身近に受けられるようになりますね。
テルムマラン・ヨコハマベイ
posted by きんと at 13:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 美容健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月14日

アニメ版「ゲド戦記」は全く別物だね〜

ようやく「ゲド戦記−こわれた腕輪」を読み終えて
第3巻「さいはての島」を3分の1ぐらい読みました。
それとテルーのことが知りたくて第4巻「帰還」もちょこっとつまみ読んだ。

そんでもって、初めてアニメの公式サイトも見て
ストーリーを照らし合わせてみたんだけど
こりゃ、全くの別物として見た方がよさそうですね。
映画版の「風の谷のナウシカ」と原作が全く別物であるように。
で、やっぱりジブリ色がプンプンしている。
キャラクターの設定とかもね。
ジブリの暖かみのある絵柄じゃ
あの文章の間間に透けて見える寂寥感や漂泊感は出せないだろうな。

あたしとしては、各巻の良いところを持ってきて詰め込むより
(たとえばアレンが影に追われていたりとか、ハイタカとアレンの旅には姿を現さないテナーとテルーが出ていたりとか)
男二人の孤独な旅路だけを追いかけてほしかったな。
それじゃ、映画になりませんかね。

それにしてもハイタカの声が菅原文太さんなのには
まったくもって賛同できません。
もうちょっと若かろう。
彼は大賢人になってはいるけど
決してまだ老いてはいないですよ。
賢人というと、おじいさんしか思い浮かばないというのは
確かに自分にもあるけど(爺が好きだし)
働き盛りのおじさん、というイメージでやってほしかった。

でも「帰還」を読んだら、お話の中では
たいして時間が経ってないのにずいぶん年よりじみた感じになってたな。
ハイタカ。
第3巻から第4巻の間に設定が少し変わったのでしょうか?
posted by きんと at 18:49| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

こわれた腕輪―ゲド戦記 2

400110685Xこわれた腕環―ゲド戦記 2
アーシュラ・K. ル・グウィン 清水 真砂子 Ursula K. Le Guin
岩波書店 1982-01

by G-Tools


映画公開に間に合わせようと
2巻途中でほったらかしだったのを、大急ぎで読んでいます。

続きを読む
posted by きんと at 18:18| Comment(0) | TrackBack(1) | 本・雑誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月06日

サッカーネタは別にしました

最近、W杯やオシムや中田ヒデなどなどサッカーネタが尽きなくて
自分の頭の中もサッカーのことばかり。

ここにサッカーネタばかり書いていくのもなんだしな〜と
思いまして
サッカーネタは別ブログ↓に書くことにしました。

「サッカー、見てる?」

とりあえず、飽きるまで続けます。
posted by きんと at 18:36| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。