2007年09月10日

「オフサイド・ガールズ」

イラン映画です。
シルクロードオタクなため、イランという国は少なからず興味があり
また関わりも持ってきた国だった。
イスラームの戒律ゆえのジェンダーの問題も前から興味があったし
それに加えて、大好きなサッカーの映画!
ときたら、もう観るしかありませんよ〜。

というわけで観てきました。
時は2005年、サッカードイツW杯アジア最終予選。
日本も盛り上がってましたよ、この時。
最も人気のあるスポーツはサッカーというイランでも
もちろん盛り上がっていました。

この試合に勝つか引き分けでW杯出場決定という大事な試合
イランvsバーレーン戦をどうしてもナマで観たい!
とスタジアムに向かった少女たち。
でも、イランは法律で女性が男性のスポーツを
直に観てはいけないと決まっている。
スタジアムに行っても追い返されるだけ。
彼女たちは男装し、潜り込もうとするのだが
やっぱり捕まってしまう。

大盛り上がりなスタンドの裏で、じりじりしながら
「試合を見せてよ!」と兵士に訴える少女たち。
そのやり取りもおかしかったし、
実は自分も試合を見たい兵士が「実況して!」とせがまれて
その気になって実況しちゃうところなんかもおかしかった〜。
そうこうしているうちに少女たちは連行されることになるんだけど。。。

ストーリー自体は他愛もない話です。
でも、その中に詰まっているディテールがほんとにいろいろあって
感心する。
イランという戒律の厳しい社会に生きる現代少女たちが
何を考えているのかとか
元気いっぱいで現状を踏み越えて、
オフサイドラインギリギリで裏へ抜け出そうとする少女たちに
困惑する男たちの現状とか
そんなサッカーごときに田舎から駆り出された兵士の嘆きとか。。。

そういう現代イランの実情という社会的な観点から見ても
面白いんだけど
もう、イラン経験者としては、
スタジアムに向かうバスの中でいきなりケンカが始まって
運ちゃんは怒って運転放棄、慌ててみんなが連れ戻すとことか
「あれ、オンナだろ」と見とがめた少年に
「見逃してやれ」といっているオトナとか
少女を連行する若い兵士が職権乱用で少女の携帯で彼女に電話しちゃうとか
女人禁制のスタジアムに100人ぐらい(だっけ?)は潜り込んでるよ
なんて話がでてくるいい加減さとか
イランのW杯出場が決まって大騒ぎになってなし崩し的に。。。
ってなとことか
なにより、サッカー大好き!な人たちがいっぱいなところ
なにより、女の子たちが元気いっぱいなところが
あるある〜、イランらしい〜、と大笑いしちゃった。

私も旅行中、チラリと髪が見えるところまでスカーフをずらしていたり
外国人が着ているレインコート風の短いコートで
精一杯最先端のおしゃれをしている若いお嬢さんを見たよ。
彼女らもほんとオフサイドラインギリギリのところで
裏を狙ってるな、って感じだった。
そうやって、元気な女の子たちがオフサイドラインで勝負しているうちに
ラインは次第に下がってくるのかも。
彼女たちのためにもそうなってほしいと無責任に願ってしまう
異教徒なのでした。
posted by きんと at 18:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「シッコ」

誕生日の前日にオットと久しぶりにデート。
日比谷に出て映画を2本観てきました。
ホントは次の「オフサイド・ガールズ」が目当てだったんだけど
同じシャンテシネで「シッコ」もやってたので
じゃあ、これも観よ!
ってな具合。

なんだかねー、
アメリカの医療政策がヒドイくてコワイのはよーくわかるが
それより、その血も涙もない人間を人間と思わない医療体制に
日本が一歩一歩近づいていると思い知らされるところが
もっとコワイ。

しかも、日本の場合
国民皆保険は「社会主義だ」「社会主義に乗っ取られる!」
なんて大義名分すらなくて
お役人と保険会社がそれまでの怠慢を不問にし、損益分を回収し
さらに儲けるためだけに
それに近づいていくというのも情けない話。
どこが「美しい」っちゅーねん?この情けない国の。

やっぱ、バブルの頃からですかねー。
おかしくなり始めたのは。

日本の話はそれくらいにして
マイケル・ムーア監督はアメリカの現状を
カナダ、イギリス、フランスと比較して
(その比較の仕方にもちょっと笑いを忍ばせて)
天国と地獄のようでしょ、それでもあなたは自由な地獄がいいの?
と問いかける。
彼の映画はいつも素朴な疑問から始まり、
純粋な愛国の気持ちに支えられている。
アメリカを愛するが故の苦言なのだ。

ダンナが「同じことの繰り返しが多くてちょっと冗長だった、寝ちゃったよ」
と言ってたが、これでもかと事例を繰り返したのは
やはりアメリカ人向けだからかと。
そのくらいやらないと信用されないとかね(^o^;

面白かったけど、やっぱり日本の行く末が気になって
暗くなってしまう映画でした。
posted by きんと at 17:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月25日

「それでもボクはやっていない」

私がイビツァ・オシムに惚れ込んで信者にまでなってしまったのは
徹底したリアリストでありながら、
ロマンティシズムを捨てていないところが
魅力の一つだからと思っている。

この映画を見ていて、周防監督も徹底してリアリズムを追求していながら
ロマンティシズムも決して捨ててない人なのだなあと思った。
だから、映画のそこここに温かさを感じる。
それがこの人の映画の魅力だと思う。

周防監督の問題作!
やっと見に行きました。
もし、自分が当事者だったらと思うと心がヒリヒリするような話。
日本の裁判制度の現実をまざまざと見せつけられる。
私たちはこれを見て刑事や検事や裁判官を「ひどい」と簡単に批判できる。
しかし、この制度はだからといって容易に変えることなどできない
「ひどい」などという軽々しい批判など、軽々しく吹き飛んでしまう
重く強固な日本のシステムなのだ。
まさしく、「これが現実」

現実に踊らされる人間たちは滑稽でさえある。
この辺のペーソスの描き方が周防さんらしい。
この人はコメディを作るにしてもシリアスを作るにしても
描くものの基本はこのリアルな人間たちのペーソスなんだね。
そしてこの人独特の温かい目線は
こんなシリアスなドラマでさえ、観る人間の気持ちを荒ませない。
うまいなあ。

あー、それにしても、こんな裁判の一端を
私たち一般人も担わなきゃならないなんて、どうなるの?
裁判のプロでさえ、疑わしきは有罪にしてしまう現状で
一般人に何ができるって言うんだろう?
つくづく、裁判員制度がコワイです。
posted by きんと at 19:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月23日

ナルニア国物語 第1章 「ライオンと魔女」

ご近所の友人が、映画のタダ券で行こうと誘ってくれたので
行ってきました。

いつも映画は○川のシネマ○ティで済ませているので?
新宿の映画館は久しぶり。
しかもこんな大きい映画館は本当に久しぶり。
やっぱり、大きい映画館て気持ちがゆったりするの〜。
最終回だったので、人も少なく、とても気分よく鑑賞できました!

続きを読む
posted by きんと at 16:46| Comment(0) | TrackBack(1) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月30日

Mr.& Mrs. Smith

前から見たいなと思っていたので
公開が終わっちゃう前に観てきた。

スミス夫妻の壮絶な夫婦げんか。

冒頭部の倦怠感漂う夫婦のカウンセリング場面からしてクスクス笑ってしまう。
殺し屋という非日常を生きている人にとっても
恋が冷めた後の夫婦生活って、恐ろしいほどの日常への埋没なのだね〜。
どこの夫婦にもあるような、ちょっとした隠し事や
それを隠すためにことさら良い妻良い夫を演じてみたり
もう愛情はないわと言いながら
別れる気もなく、律儀に仲の良い夫婦でいたり
嘘がばれて喧嘩になったり。

そんな夫婦のよくあることが「殺し屋」というだけで際限なくエスカレート。
あそこまでド派手にやると、なんか爽快感がありますね〜。
日常の倦怠がよく描けているからこそ
暴れ回るスミス夫妻が面白く、気持ちよく観られるんだなーと思った。

この場合、奥さんの方が勝ち気でしっかりしていて
殺し屋としての腕も上、ダンナはちょっぴりドジでほんとは優しくて
奥さんの尻に敷かれている設定だから面白いってのもある。
逆だとどうしても、面白くならないのよね。。。不思議。
posted by きんと at 18:01| Comment(0) | TrackBack(1) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月01日

「STAR WARS エピソード3 シスの復讐」

やっと見てきた、エピ3。
これで私の中の「スターウォーズ」も無事に完結したんだなあ。
他の方々の感想と同様、これで全てがすっきりおさまった
納得した、という思いがまずある。

続きを読む
posted by きんと at 18:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月21日

「コーラス」

フランス映画を映画館で見るのはたぶん初めて。
「アメリ」も見てなかったもの。
フランスで、その「アメリ」より興行成績が良かったという作品がこれ。
「ニュー・シネマ・パラダイス」のジャック・ペランが製作、出演もしている。

続きを読む
posted by きんと at 18:00| Comment(1) | TrackBack(2) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月17日

「インファナル・アフェア」

テレ東でやっていたのを見た。
でも、お勝手したり、フジテレビのドラマを途中で見たりしていたので
途中がかなり抜けている。
いずれビデオを借りてきてちゃんと見よう。

続きを読む
posted by きんと at 19:24| Comment(1) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月27日

「テロリストは誰?」

公式ホームページ

『戦争中毒』を出版したフランク・ドリルによるドキュメンタリー集。なぜアメリカは戦争をし続けるのか。『戦争中毒』に引き続きこのテーマについて、10本のドキュメンタリー映画から編集して2時間にまとめたもの。

続きを読む
posted by きんと at 19:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年10月09日

「LOVERS」

「HERO」に引き続き、チャン・イーモウ監督の映画を見てきました。
今回は3人の男女の愛憎劇なので、前作よりわかりやすかった。

続きを読む
posted by きんと at 16:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年10月04日

「こんばんは」

東京では10/22までポレポレ東中野にて
その他の上映場所は公式サイト参照

長編ドキュメンタリー映画。友人にチケットをもらったので見にいったのだが、本当に素晴らしい映画だった。教育の原点を見つめるような映画で、「学ぶ」ということの尊さを再認識した。

続きを読む
posted by きんと at 20:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年06月10日

トロイ

見てきました〜。ムキムキブラピ。
私感ですけど、似合ってなかったです、筋肉が。彼はもっと都会的な役の方がいいな。
続きを読む
posted by きんと at 19:42| Comment(0) | TrackBack(1) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年04月12日

「ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還」

ようやく見に行った。指輪の第3部。
噂に違わぬすごい作品でしたー。
続きを読む
posted by きんと at 19:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。