2006年07月22日

タラソテラピーに行ってきました

〈「セラピストの独り言」と共通ネタです。〉

もう、最近サッカーネタブログばかりにかまけてますが。。。
まだしばらく脳みそはサッカーのことばかり考えていそうです。
そうこうしている間に、実は旅行に行ってきました。
報告がまだだった。

今週の月火と房総へ行ってきました。
目的はタラソテラピーを受けること。
勝浦にあるテルムマラン・パシフィークという施設です。
前から興味はあったけど、ウチに来たお客様に
「すごくいいよ〜」と勧められたので、行く気になったのです。
それにオットのアトピー湿疹に海水が効くみたいなので
オットも引きずって連れていきました。

内容は
・温海水プールで歩行浴&ジェットバス
・温海水プールでジェットを背中に受けつつ腕肩の運動をするプログラム
・海水を含んだ霧で満たした暗室での休息
・海藻パック
これをゆっくりと休憩を取りながら、受けていきます。

温海水プールは気持ちよかった〜。
普通のプールより浮力があるせいかもしれません。
ジェットの種類もいろいろあって、各種凝りに対応できます。
運動プログラムも30分だけなのに、結構疲れる。
途中、冷海水で歩行浴して、交互浴するようになってます。
血流が良くなって、足がポカポカするのです。
暗室は思ったほどよくなかったな〜。
ブルーライトが気になって寝られませんでした。
海藻パックは身体に海藻を含んだ泥を塗りたくってラップされます。
温熱効果があって、ポカポカしてきます。
でも汗が出るほどじゃなかったな。肌はツルツルになったけど。

館内では水着の上にバスローブ。
これでレストランで食事もできます。
各自、案内図と予定表に従ってプログラムを受けたり、休んだり
プールに行ったり、サウナに入ったり、自由に行動します。
リラクセーションルームはデッキチェアがあってゆっくり寝られるし
プログラムのアナウンスなんてないので、とても静か。

その静かなゆったり感がリッチ〜な感じでした。
タラソってもちろん1日じゃ、身体への影響なんてあまり感じられなくて
本当は何日もかけて受けたり、何回も通ったりするものだけど
忙しい日常を離れて、こんなゆったりリラックスした時間を持つ
という意味で、価値があるんじゃないか、と思いました。

私たちのコースは御宿のプチホテルの一泊付きパックコースで
このプチホテルも海岸の真ん前でステキだったんだけど
あいにく2日間とも雨。
海の景色が楽しめなかったのは残念だったな〜。


テルムマラン・パシフィーク


8/24横浜にもオープンするそうです。
もっと身近に受けられるようになりますね。
テルムマラン・ヨコハマベイ
posted by きんと at 13:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 美容健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月03日

エバメール ゲルクリーム

エバメールゲルクリーム 180g
エバメールゲルクリーム 180g

自然派化粧品が好きで、あれこれ使ってみたけど
最近はこれで落ち着いている。
なんといっても「これ一つ」で済むのが手軽で良い。

実は「これ一つ」系のゲルクリームは幾つか試している。
「@コスメ」の口コミではエバメールは重すぎるという評が多かったのだが
私はもはやこのくらい重くなければダメな肌になってしまった。
特に冬の乾燥した肌には、モッタリしたゲルクリームを
たっぷりお肌にのせて、やっとカサカサが直るぐらいなのだ。

ただ一つの欠点は、エバメールを塗って
すぐにファンデーションを塗るとよれてしまうこと。
肌に吸収されるまで待たなければならないのが面倒だ。

だがしかし、素晴らしい解決法を知ってしまった。
日経ヘルス3月号「佐伯チズの肌がよろこぶスキンケア」
に載っていた混ぜのテクニック。
乳液にパウダーケーキファンデーションをひとかけら入れ
よく混ぜればお手製のリキッドファンデになるというもの。
これをエバメールで試してみたら、
リキッドとクリームの中間ぐらいないいカンジのファンデができた。
肌へのノリもすこぶるいいし、薄くピッタリ付いていい仕上がり。

うわ〜、これはケースの隅に残ったファンデじゃなくても
やっちゃいますよ〜。
冬だからってわざわざリキッドファンデを買い直さなくてもオッケイ!
佐伯先生、ありがとう!
posted by きんと at 17:34| Comment(0) | TrackBack(3) | 美容健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年08月24日

「パレスチナ・オリーブ」のオリーブ石けん

アテネ・オリンピックでメダリストに授与されるのはオリーブの冠。アテナ女神からアテネ市民に贈られたというオリーブの木はギリシアだけでなく、地中海地方全般で栽培され、人々は大昔からその恵みを享受してきた。

というわけで、オリーブの恵み豊かな石けんの紹介です。以前の「お気に入り」では「アレッポの石けん」を紹介したけど、今は「パレスチナ・オリーブ」の石けんを愛用中。というのも「パレスチナ・オリーブ」はパレスチナのオリーブ農家を支援し、フェアトレードという形で、商品を輸入しているから。「ガリラヤのシンディアナ」という非営利団体を通して輸入される石けんとオリーブ・オイルは高品質で、他地域のものと比べても決して見劣りしない。
私は石けんを1ダースで買って、毎日全身に使っている。髪の毛も洗えるのだ。オリーブ・オイルは皮脂を取りすぎないので、洗い上がりはしっとり。すぐ乾燥カユカユ肌になってしまう私にとっては手放せない。
支援しながら、自分も見返りをもらえる――それがフェアトレードのよいところだ。

注文はこちらのページから
パレスチナ・オリーブ
posted by きんと at 20:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 美容健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年03月11日

ティートリーのエッセンシャルオイル

アロマテラピーに使うエッセンシャルオイルで、一番利用頻度が高いのがティートリー。
アロマの本を読むと、ティートリーとラベンダーだけが直接(希釈せずに)肌に付けても大丈夫なのだそうで、ニキビやおできができた時、綿棒に直接取ってチョンチョンと付けているのだが、ラベンダーよりティートリーの方が効き目がある感じで、しかも刺激も少ない気がする。
化膿炎症に効果があるのは殺菌効果が強いせいで、その他、水虫やアトピーなどにも効くそうだし、花粉症には飲用するといいと本に書いてあった。
わたしはうがい薬にしている。喉がイガイガしている時、コップの水に一滴、よくかき混ぜてうがいをすると次の日には治っている。イソ○○よりよほど効くのだ。
こないだ歯茎が腫れた時は直接指にとって歯茎に塗ってみたけど、ニキビと一緒で治りが早くなった。
原産地オーストラリアでは軍人さんが薬箱に一瓶入れているという話もどこかで聞いた。
それくらい利用価値のある精油なのだ。
わたしは直接付けても平気だけど、かぶれる人もいるかもしれないので、ご利用の際はくれぐれもパッチテストを行ってからにしてくださいね。
posted by きんと at 18:05| Comment(0) | TrackBack(2) | 美容健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年02月20日

フレーバーライフ社 オリジナルコスメ基材

いずれはアロマの資格も取りたいと思っているのだが、今のところ精油(エッセンシャルオイル)はお仕事で使うフットバスに垂らす以外は、個人的に楽しんで使っているのみだ。
ローションや入浴剤は混ぜるだけで簡単に作れるのだが、面倒なのがクリームを作ること。みつろうを湯煎で溶かしたりするのに手間がかかるのだ。それがこのフレーバーライフのコスメ基材を使うと簡単!無香料のクリームやジェルなので、自分の好きな精油を混ぜるだけでオリジナルコスメのできあがり。お値段もお手頃で原材料は全て表示されていて安心なのだ。
フレーバーライフの製品は精油なども良心的なお値段で、しかもネット会員になるとさらに30%引き。11月〜12月にかけての特別販売は会員でなくても35%引きで、いつもこの時にまとめ買いする。濃度は30mlに対し身体用(ジェル、クリーム)で6滴、顔用(ジェル)で3滴までです。

フレーバーライフ社 http://www.flavorlife.com/
posted by きんと at 14:14| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(1) | 美容健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。