2008年03月14日

川崎市市民ミュージアム 少女マンガパワー!

本日、観に行って参りました。

川崎市市民ミュージアム
少女マンガパワー!
― つよく・やさしく・うつくしく ―


いやー、良かったですよー。
当代随一の漫画家さんたちの原画の数々。
特にカラー原画なんて、よだれもの〜。
もう舐めるように見てきました(^o^;

手塚治虫に始まって初期の男性漫画家による少女マンガも貴重だし、
それから水野英子や牧美也子、わたなべまさこという
少女漫画家の大御所が続き、ベテランの里中満智子、池田理代子、
美内すずえ、そして花の24年組が続き
一方、りぼんやなかよしで絶大な人気を誇った陸奥A子やくらもちふさこも
押さえつつ、CLAMPやよしながふみ、という新しい漫画家さんへ流れていく。
そしてまたこの中に佐藤史生や岡野玲子、今市子と個性的な漫画家さんも
入っているところが、限りなくツボ。

ワタクシ的にはやはり萩尾先生の原画がうれしかった。
「トーマの心臓」のカラー原画見たときは涙出ちゃった。
感動して。
あのマンガは本当に特別だから。

この企画は先に北米9ヶ所をまわった「Shojo Manga! Girl Power!」展が
ベースであり、凱旋展示だというところも興味深い。
世界にも類を見ない少女マンガという文化が
海外でどのように受け止められたのだろう。

日本では女流文学は千年の歴史があるわけだけど
女性が自由に表現できる時代だからこそ実現した
思慮深さ、細やかさ、そして夢語りを全開にして
絵と文字を丁寧に織り込んで表現していく少女マンガというものが
素晴らしい文化であると再認識いたしましたよ。
もうこれは本当に世界に誇っていいじゃんねー、と思いました。

これからはもっともっと今までの作品について
保存と研究がなされるべきだね〜。
サブカルだからといって後世に残らないのはもったいなさ過ぎる。
と思ってたら、こちらではすでにそういう研究はされているよう。
京都国際マンガミュージアム
ぜひぜひがんばっていただきたい。

ちゅーか、今度京都行ったら、ここ行くよ、絶対。
手塚先生の記念館とセットで行っちゃう。
posted by きんと at 23:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 展覧会・museum | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/89602475
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。