2007年11月02日

落合監督の継投策はアリなのか?

サッカー断ちをしております。
正確に言うと、サッカーブログ断ちだけど。。。(^o^;

日本シリーズが始まってから久しぶりに野球を見てました。
まあ、じっくり観てたのではなく、TVが付けっぱなしになっていて
時々観るって感じだったんだけど。

中日、優勝しましたね。やっと!
夫は中京地区出身者なので、それほどファンってわけでもないけど
やっぱりうれしそうです。
私はただのアンチ巨人ですが、中日には炎のアンチ巨人投手星野仙一が
いたので、以前から応援しているチームでありました。
ので、やっぱりうれしいです。
とはいえ、もう全然野球を観なくなってしまったので
選手とか全然知らないんだけどね〜。

それで、昨日のリレー完全試合なんですが
あれ、やっぱり論議を呼んでるんですかね。
昨日のスポーツニュースの解説者は皆さん
継投はナシだろう、と言ってたけど。
曰く、慎重すぎる、偉大な記録をフイにして山井がかわいそう。
サンデースポーツで親分に「喝!」って言われちゃうかな、落合さん。
チキンな采配と思われても仕方なもんね。
ウチのダンナも走者が出るところまでは投げさせてもよかった
と言っておりました。
やっぱり記録って大事?

私はもうサッカーばっかり観ている身なので
考え方が変わってしまってる。
あの継投策はアリだと思った。
シーズン中なら、個人の記録のために勝負を賭けてもいいと思うけど
53年ぶりの優勝がかかった大一番で
どーしても手に入れたい勝利。
チームプレー優先は当たり前だと思うのですよ。

走者が出るまではなんて言ってたら、一発に沈む可能性だってある。
そこからリズムが狂って、流れを引き戻せない可能性だってある。
同点すら許されない状況と監督は思ってたんでしょう。
最後の最後で積み木が崩れると後がどうなるか
それを痛いほど知っているのが落合さんなんだよね。

それなのに解説者の皆さんがみんな否定的な意見だったので
びっくりした。
私の感覚が違っているのかなあと。
サッカーだと、チーム優先は当たり前のことなんだけどね。
野球だとやっぱり個人個人のプレーや記録が大事なんだろうな。

山井が完全試合をなし得たかどうか、今となってはもう「たられば」に
なってしまったが、一つ言えることは
「また挑戦すればいいじゃん!」
posted by きんと at 11:56| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。