2007年06月15日

大人のためのTVアニメ

TVアニメだから、エッチ系ではないです。
これやばいんじゃない?と思うようなのも時々あるけど。

今日、東京新聞に「黒の契約者」が大人のためのアニメだと
紹介されていたのだ。
アニメは子供のものと思われていたのに、いまや子供はアニメを観ない。
まあ、これはわかる気がする。
こういうのは時代のものなのだ。
漫画だって大人になっても相変わらず読んでいるし
逆に50代になったら急に演歌を聴くようになるというものでもない。
媒体やジャンルは年齢で分けるものではない、ということだね。

だから今も相変わらずアニメを観ている大人向けに
趣向を凝らした大人アニメを目指して作られたのが「黒の契約者」
ということらしい。
ロケハンなんかも念入りにやって
凝りに凝った映像はTVアニメじゃ到底無理と言われるほどの
クオリティらしい。

だがしかし。。。
はっきり言って
つまらないです。
す、すみません、はっきり言い過ぎました(^o^;
いや、それほどのクオリティなのに
それほど面白く感じないという意味で。。。
すみません。
つまるつまらないの問題は
個人の趣味の問題でもあるので「私にとっては」を付けなきゃダメですね。
映像が凝っているのはまあわかるんだが、
お話が、、、「私にとっては」つまらない。
最初のうちは何やってんだかわらかなくても
徐々に面白くなっていくアニメもあるのだが、
これはそんな展開にもなっていない。

私と趣味の違うオットに聞いてみても
「特に良くも悪くもない、ふつー」という答え。

たぶん、話も「大人」を意識しすぎてるんじゃないだろうか。
「契約者」と呼ばれる能力者が暗躍する東京という街の
ノワールな部分を描こうとしているのかもしれないけど
単純な世界観じゃないものをと、意識するあまりに
そういう世界観ばかり押しつけて、
お話の掘り下げが甘いのではないか、と思われる。

最近はどーしてか映像に脚本が負けている作品ばっかりだなあ。
これは面白いと思う作品は原作ものばかり。
今クールで言うと「守り人」とか「大振り」とか。
よい脚本を書ける人が育ってないのですかね。
映像にかけるお金をもうちょっと脚本の方にもかけてもらえないでしょうか。

別に「大人」とか意識しなくていいですから
人の心に響くよい作品を作って下さい。
posted by きんと at 19:06| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。