2007年03月27日

「精霊の守り人」の番宣番組、観ました

3時間スペシャルだった。
すごい意気込みだね〜。
「攻殻機動隊SAC」の放映やら「守り人」の第1話先行放映やら
を挟み込んでの3時間だけど。

だがしかし、このアニメのメイキング映像は
「にんげんドキュメント」でも観たぞ〜。
フィルム使い回しが多いな、最近のNHKは。

見ているうちに、なんだか、メイキングで先に見てしまうのは
もったいないような気がしてきた。
私は結果よりプロセスを見るのが好きで、ミステリーを読むときも
平気で先に結末読んじゃって、全て「刑事コロンボ」方式で
読んでいるようなヤツだけど
(サッカー好きなのも、サッカーというゲームが90分間の膨大なプロセスの積み重ねだから)
直前の丁寧なメイキング映像はさすがに無駄!って感じた。
「この場面の表現はこんなに苦労したんですよ〜」っていうのは
後から観て楽しむもんだね、やっぱり。

もちろん、セリフ一つ一つにこだわりを持って作っていく作業は
モノカキを趣味にする者として興味があったけどさ。
もういいや、と切ろうとしたら
作者上橋さんと監督との対談が始まったので
それは真面目に観た。面白かった!
上橋さんは私より一つ年下。同じガンダム世代!
考えていることも似たようなことなのかなあ。
今度、原作も読みます。

その後の先行放映は観なかった。
本編をちゃんと観ればいいことなんだもの。
意味ないじゃん!
posted by きんと at 18:49| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/37006199
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。