2007年03月07日

「輝けるディーヴァ〜ベスト・オブ・サラ・ブライトマン」

B000HOJC08輝けるディーヴァ~ベスト・オブ・サラ・ブライトマン
サラ・ブライトマン スティーヴ・ハーレー ポール・マイルス=キングストン
東芝EMI 2006-10-04

by G-Tools

そういえば、本は必ず、ここか別のブログでレビューするのに
音楽CDはあまりレビューしないなあ。
こんどまとめて書いとくか。

生協のCDコーナーにあったので、買いました。
サラ・ブライトマンは以前、お店のBGM用に買った
「feel」↓
ザ・モースト・リラクシング〜フィールザ・モースト・リラクシング〜フィール
オムニバス アディエマス カール・ジェンキンス

by G-Tools

に入っていた「Time to say goodbye」を聞いて
いいなあ、と思っていたんだけど、このベスト盤を買ったのは
あの曲が聴きたかったから。
そう、テレ朝のサッカー番組で必ず流れるあの曲です。

ここに入っているのはテレ朝版よりもっとユーロっぽいサウンドに
なっているけど、良い曲だなあ。
勇壮な曲の感じと、彼女の美しい歌声とのミスマッチがいいよね。

それでなんて歌ってるのか、やっとわかった。
「勝とうが負けようが問題なのは名誉だ」って
確かに勝負事のBGMにはふさわしいけど
テレ朝が代表戦をやるときのコピー
「絶対に負けられない」というのとは矛盾してるぞ。

ちゅーか、負けられない負けられないと大騒ぎして
イベントのごとく中継するのはいい加減にやめてほしいよ、テレ朝。
サッカーはイベントじゃなく、スポーツです。
勝つこともあれば負けることもある。
あるがままを見せて、感動するかどうかは視聴者に委ねるべきでは。

ハッ(;゜〇゜)、サラのこと書かずにサッカーの事書いちゃった。
あっちのブログに書けばよかった。。。
posted by きんと at 18:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/35434034
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。