2007年02月09日

二つの趣味の間

アニメ版の「のだめカンタービレ」を見ています。
ほぼ原作通り、安心して見てられるけど、物足りなさも感じる。
ギャグの部分、知ってるから笑えないんだもん。
オットと見ていて、
「これ知ってるよ、この後、こうなるんだよ」って先に言って、
うるさがられたり、「よく憶えているな」と感心されたり。
たまに忘れているギャグでやっと笑える。
こういうのって、漫画だと何度読んでも同じ場面で笑ったりするのに
どうしてアニメだと、知ってる〜、って感じが先に立っちゃうんだろ。
不思議。

ところで、のだめの作者さんはサッカー好きのようで
ところどころにサッカー選手の名前が出てくるのだ。
真澄ちゃんとのだめの千秋様クリスマスデート獲得作戦?の回では
真澄ちゃんの用意するコンサートチケットの指揮者の名前が
「インザギ」
それってピッポ様ですよね。
ACミランのフィリポ・インザーギ。
それからマラドーナが出てきたり、フランス編に入ってからは
プラティニ、デシャンとフランス人の有名どころが出てくる。
他にもあるかも。
欧州の選手をよく知らないので、これくらいしかわからないのだが。

でもこの漫画は少女漫画で、読んでる人もほとんど女の子や女性のハズ。
サッカー選手の名前が出てきてたってわからない人の方が
多いのではないかと思う。
もちろん、わからなくたって全然構わないんだろうけどさ。
少女マンガとサッカーというかけ離れた趣味を作者さんと共有できてる
と思うとちょぴっと優越感を感じたりするのだ。

昔、永野護が「ファイブスター・ストーリー」で
登場人物やモーターヘッドに自分の好きなプログレッシブ・ロックの
アーティスト名や曲名を付けてるけど、読者にはわかってもらえない
みたいなことを書いていたのをチラッと見たけど
かけ離れた二つの趣味を同じくする人って、なかなかいないものなのかなあ。
あ、私は「運命の三女神」は知ってたけどね。
友達がELP好きだったから。
posted by きんと at 18:38| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/33291988
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。