2006年08月31日

幸せの水

先日、義母が所属している日本画の会が毎年やっている
展覧会を見に上野の都美に行ってきた。
義母の絵を見て、挨拶して、さて帰ろうかとオットに言われてちょっと悩んだ。
同じ都美で「ペルシャ文明展」をやっていたからだ。

見ていこうか、どうしようか。
あの黄金のリュトンとかテヘランの国博でもう見たしな〜。
なんて言ってたら、「じゃあ、わざわざまた見る必要ないじゃない」と
オットはアッサリ言うので、それもそうかと見ずに帰った。

後から考えて
「トプカプのエメラルドの短剣は日本とイスタンブールで2度見たんだから、
こっちも2度見ればよかった」と後悔したが
まー、オットがいたから、仕方なかったかな。
で、代わりにといってはなんだが、都美のショップを覗いて
イラン産ローズウォーターを買ってきた。

これは、アロマショップで売っている美容用とはちょっと違っていて
食用なのである。
イランの人はこれで香り付けするのが大好きなのだ。
紅茶にちょっと入れたり、アイスにかけたり、お菓子の香り付けに使ったり
色々使える。もちろん美容用としても使える。

向こうで買うと安いんだけど、こっちじゃなかなか売ってない。
買ってきたローズウォーターも200mlで800円と高価なのだ。

でもね、紅茶に入れると、なんとも幸せ〜なバラの香り。
気持ちがすーっと落ち着いてきて、豊かな気分になれるのですよ。
紅茶の渋みも消してまろやかにしてくれるし。
私が入れる紅茶はいつも濃いので
このまろやか紅茶はオットにも好評。
毎日飲ませていたら、彼も「香るオトコ」になるのかしら?

今日はアイスを買ってきた。
夕食の後、幸せ〜なアイスをいただくつもり。


posted by きんと at 16:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 飲食物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。