2006年07月26日

今期のアニメ評

すっかり忘れていた。
というか、私は今、サッカーに夢中。
ヨン様に血道を上げるオバサマのごとく、
サッカーのことばかり考えているので、アニメはどうでもよくなっている。。。

というわけで、今期のアニメ評はちょっとだけ。

「N・H・Kにようこそ!」
人気小説のアニメ化ですね。
京都アニメーションお得意の?キレの良いギャグでなんとなく見続けてしまう。

「ゼロの使い魔」
主人公がシャナちゃんと同じ声なので(釘宮理恵)
とかくシャナと比較しちゃうけど、シャナの方がぜんぜん良かった。

「僕らがいた」
ハチクロ系?
少女漫画的なリリックな情景は好感が持てるけど
なぜかハチクロのようには萌えない。
リアルすぎるから、かなあ。

「ハチミツとクローバーU」
相変わらずグダグダやってますな〜。
でもなぜか好感が持てるから不思議。
とことん情けない奴らの情けなさを上手く見せてるんだと思う。
posted by きんと at 23:06| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/21450769
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。