2009年07月20日

大河原邦男のメカデザイン

巷ではお台場のガンダムさんが人気沸騰中ですが
同じ東京の西の端でもう一つ
ガンダムに関わる催し物をやっています。

「大河原邦男のメカデザイン」
八王子市夢美術館

ガッチャマン、ヤッターマンなどの
タツノコアニメのメカデザインから
ガンダム、ボトムズ、ダグラムなどのサンライズロボットデザインを
手がけた巨匠、大河原邦男さんの原画展です。

こちらはお休みの日にもかかわらず
人が少なく、とても静かでした。
もっとガノタが来ていると思ったんだけどなあ。
あんまり知られてないのかしら。

もうね、本当にキレイで感心しました。
メカの詳細な線、金属の質感を出すカラーリング。
デザインの斬新さもあるし、ポージングの妙
ディテールと全体のバランスもうまいので
見ていて違和感とか全然ないのですね。

もともと服飾デザインをやっておられたそうなのですが
外面だけのデザインだけでなく
内部のことまで考えた詳細なメカニックのデザインも
もともとそういうのを考えることがお好きだったんでしょうけど
よくまあこれだけ考えてデザインしたなあと思います。

そうやって日夜研鑽を積んだからこそ
パイオニアとしてジャパニメーションを
支え続けておられたのでしょう。

もっとも、展覧会自体は
ただの原画展(設定資料も少しありましたが)でしかない感じで
もう少し、どうしてこういうデザインになったのか、とか
ロボットだけでなく、他の小物メカのデザインまで包括的に
展示して、どうしてそういう世界観なのか、とか
そういう説明や展示物があればよかったのに
と、ダンナは申しておりました。

ガノタ的にはそういった不満があるので、人が少なかった?

一つ思ったのは
大河原さんってふくらはぎフェチだなあと。
あのお台場巨大ガンダムもふくらはぎのラインが
美しいなと思いますが
他のロボットも大抵足首がサリーちゃんなんですが
ふくらはぎはきれいなラインをしています。

Okawara1
展覧会のチラシとお土産のガシャポン
シャア専用ザクでした!
Okawara2
ザクアップ!やっぱりザクはカコイイ
Okawara3
角度を変えてもう一枚。
ふくらはぎ、きれいな曲線でしょ。

posted by きんと at 16:01| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。