2008年11月07日

スポーツマンガ 2題

おおきく振りかぶって (1)
おおきく振りかぶって (1)ひぐち アサ

講談社 2004-03-23
売り上げランキング :

おすすめ平均 star
starあなどっていました
starありきたりかな。
starすごい・・・

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


GIANT KILLING 7 (7) (モーニングKC)
GIANT KILLING 7 (7) (モーニングKC)ツジトモ

講談社 2008-10-23
売り上げランキング :

おすすめ平均 star
star対大阪ガンナーズ戦!!
starVS大阪ガンナーズ
starオモシローイっ!

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


「ジャイアント・キリング」の新刊を買いに本屋さんに行ったら
隣に「おお振り」が並んでいたので1,2巻を買ってみました。

「おお振り」はアニメ版を見てました。
結構出来が良かったんだよね。
ウチのダンナはすごく気に入ってた。

原作はちょっと絵にクセがあるかな。
アニメはその辺の所を絵の個性を残しつつ
見やすい無難な線に直してあったので
余計そう思えた。

アニメはほとんど原作どおりでした。
比べてみると、なおさらアニメのデキの良さがわかったなって感じ。
1,2巻あたりは三橋くんのとても哀しいコンプレックスと
チームの仲間が仲間として成立していく過程が主題なんだけど
これでもかってくらいに書き込んでいる感情の揺れを
アニメでは上手に動画で表現していた。

もちろん原作は原作で別の良さがあって
筆の勢いが、高校部活の勢いに繋がっているみたいなところが
いいな、と思ったけど。

なんにせよ、「部活」の部分と
「スポーツ」の部分がカッチリ書かれているところに
好感が持てます。

ジャイキリはもう「待ってました!」だよ〜。
今一番楽しみなマンガ。
やっぱりね〜、ディテールのリアルなコダワリと
飛んでも八分なフィクションの展開が
うまーくミックスしているのですよなあ。

それにしても、ジェフサポの原作者さん
この原作にどれだけ「本当の現実」を盛り込んでいるのだろう?
今まさに必死にやっている残留争いが
原作作りにどれくらい反映しているのだろう?

ああ、はやく大阪ガンナーズ戦の続きが読みたいよー。
てか、モーニング買って読むかな。
だいぶ先に進んでいるだろうけど。
これだけのために雑誌買うのもなあ〜〜。

そうそう、「おお振り」と「ジャイキリ」の共通点。
当たり前のハナシなんだけど。。。

スポーツマンガにありがちな
「実況」と「解説」によるト書き台詞がないこと!

確かに「実況アナ」と「解説者」に解説させとけば
ラクなんですよ。
その分を絵にしなくて済むし、絵だけじゃ訳わからん部分を
説明してくれるから。

でもそれはやっぱりテレビ目線なんだよね。
そしてそれは本来のスポーツのリアルではない。
グラウンドにいれば、スタジアムにいれば
「実況アナ」も「解説者」もいない。
彼らによる説明なんてないのですよ。

だから、読者の目線をグラウンドやスタジアムに下ろすためには
そこにいる人々だけで語らせなきゃならない。
起こったことを全て絵で表現しなきゃならない。
まあ、ジャイキリの場合は、
観客だったり監督だったりスタジアムにいる記者だったりが
代わりに解説しているのだけど
そりゃ、彼らは「語れる」人々ですからねっ(^o^;

つまりはそれをちゃんとやっているところは偉いと思います。
読者は彼らのすぐ側で、感情移入できる。
だからこそ、この2作品は面白いのだと思いました。
posted by きんと at 14:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 本・雑誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/109224452
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。